読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒い十人の感想

ドラマとか映画とか

ホームランド(シーズン1)

ネタバレなし。



あらすじ

CIAにつとめるキャリーはイラクで「アメリカ人捕虜がアルカイダに寝返った」という情報を入手する。
しかし作戦上の命令無視を理由に保護観察下に置かれた彼女は本国へと送還されてしまう。
それからしばらく、8年間行方不明だったアメリカ海兵隊軍曹であるブロディがテロ組織のアジトから救出されたという報告が入る。
長い苦難を耐え忍んだ彼はアメリカの英雄として本国に迎え入れられるこことなるが、キャリーはブロディこそが敵対組織からのスパイだと確信していて――。

感想
名前はよく聞くけど見たことないドラマだなと思って視聴を始めたのですが、想像以上に面白かったです!

一応主人公はCIAの作戦指揮官であるキャリーなんですけど、実質海兵隊軍曹のブロディとのダブル主人公になっている感じ。
環境や信念や性別の差異なんかで全然違うように見えるけれど、根底が結構似ている二人が駆け引きをするのは、同等の力を持つ物同士がリングで思いっきりやりあっている感じが出ていてめっちゃおもしれ~となります。

この手のドラマの女性主人公ってめちゃくちゃ有能だけどやや人格破綻気味なのが結構お約束ですが、キャリーはその中でもかなり強烈な部類に入りそう。
個人的に一番ヤバくて好きな洋ドラの女キャラはクローザーのチーフなんですけど。

チーフと同じくキャリーも作中できちんと実力を示しているので、無理を通すために倫理的にアウトなことしててもあんまり不快感がない。
たまにいるじゃないですか。「こいつ口だけでなんにもできてねえ割に文句だけは一人前だな……」みたいなのが。
そういうのがないのでキャラクターとして素直に応援しやすい。

あと彼女の賢さと愚かさが表裏一体みたいな脆さもよかったです。
特に中盤あたりでのブロディとのあれこれで起きる問題の時とかね……あとはしゃいでドレス着るのと失望でワインをゴミ箱にシュートする箇所とか……。

実質もう一人の主人公であるブロディの方もキャリーと同じくいいですね~。
ちょっとサイコパスなところがあって、時折見せる感情の揺らぎが本音なのか計算なのか分からない感じ。
これは役者さんがめちゃくちゃ上手かったですね。
ブロディはセリフなしで表情や動作のみのシーンなんかも多かったのですが「何を考えてるか分からない奴」の演技をあそこまで見事にこなすのはマジ単純にすげ~と思いました。

トーリー自体は結構謎が謎を呼ぶ展開でテンポもいいんですけど、いかんせん話自体が重めなのでわんこそばとは行かなかったかな。
シーズン1は全部見るのに一週間くらいかかりました。
そして今シーズン2の半分で止まっている……。
でもかなり面白いので時間がある時に見るドラマとしてはいいんじゃないかな。

民放でも春ドラマが始まったのでそっちもまた感想アップして行きたいです。
とはいえまだクライシスの1話しか見られてないのですが。

ホームランドは現在Hulu、Netflixどちらでも配信中のようです。
たしかどっちもシーズン3までだったかな……。
先日Huluを退会したので、次回から配信状況についてはNetflixのみの記載になります。

東京タラレバ娘

ネタバレあり。


あらすじ
己の不幸と将来の不安を肴に酒を飲む30代女子。そう、我々はまだ女子なのだ。
その自負を胸に2020年の東京オリンピック向け不可逆に進んでいく時を恐れ、今日もタラとレバをつまみに女たちは嘆く。
――我々は何故、幸せになれないのかと。

感想
頭がイカれるほど仕事が忙しくて最近は今期地上波放送ドラマを消化するのにいっぱいいっぱいだったりします。
昨日最終回を迎えたタラレバ娘でしたが、実写化ドラマ作品の最大公約数的な出来だったんじゃないでしょうか。
原作を最新刊まで読んでからドラマを見たのですが、とがりすぎている部分が綺麗に削られていた気がします。

元々東村アキコの漫画は好きでいくつか持っているのですが、最近の少女漫画家(というくくりでいいのかは微妙だけど)としてはトップレベルの倫理観のなさだと思うので実写でやったら相当エグくないかと危惧していたのですが、そのあたりきっちりコントロールされてて見ていてストレスが少なかったかなーと。
(なお倫理観がないというのは褒め言葉です。様々な描写や台詞にためらいがないから面白い)

ただ主人公たちの年齢が33歳から30歳に引き下げられのは役者の見た目的問題とは言えもったいない点だったと思います。
30歳と33歳と並べるとあまり差がないように思えますが、「東京オリンピックまでにはどうにか現状を脱出したい」というのが起点となるので……。
2020年に30歳は33歳だけど、2020年に33歳は36歳。
こうなると切迫感がイマイチ感じられない……。

あとkey役の坂口健太郎ですが、あの坂口健太郎でもあの髪型になると面白くなるんだなあ……となりました。面白コスプレお兄ちゃんやん。
雰囲気としては菅田将暉なんかが妥当なんじゃないかと思いましたが、そうなると原作の見た目からは大きく外れるしなー。
似せればキャラっぽくなるわけではないというのが実写化ドラマの難しいところころですね。
でも最初ビジュアルが出たときの主役三人も「いやこことここ逆では!?」という感じでしたが、始まってみると馴染んでたからあのあたりのキャスティングはいいさじ加減だったんだなと感じました。

原作がまだ終わってないのでドラマ自体は「私たちの戦いはまだまだ続く――!」みたいなラストでしたが、このあたりはkeyの奥さんのエピソードやドキュメンタリー映画のくだりをばっさりカットしたから当たり前と言えば当たり前なのかな。
keyは存在が漫画過ぎるので(まあ漫画なんだけど)、彼のエピソードが抑え気味だったのはよかったと思います。
そこ差をつけたおかげで原作とドラマの口当たりに変化が起きていると思うので、ドラマ→原作的な入り口になる作品になってたのではないかな。

あとドラマはkeyから倫子への好意が分かりやすく描かれていたので、あのあたりの感情の動きも上手く飲み込めましたね。
原作読んでいる時は「倫子に好意があると見せかけて何か仕掛けてくる」と思い込んでいたので……。

最初に書いたように全体的にそつなくまとまった実写化ドラマだったと思います。
エンディング曲であるPerfumeの「TOKYPO GIRL」も好きでした。
ドラマの引きの部分にバスドラが被さるの、心臓の鼓動っぽくていいですよね。
だからタラレバ娘のラストは毎話毎話印象に残ったかな。

日テレのドラマなので現在Huluで配信中のようです。

ブラックリスト(シーズン1)

ネタバレなし。



あらすじ
念願叶ってFBIに配属された新人捜査官リズ。
しかし彼女の初出勤日に国際的犯罪者であるレッドがFBIへと出頭して来る。
彼は自ら世界中の重要犯罪者のリスト、通称「ブラックリスト」を提供するという。
その引き替えに免責と、何故かリズを担当に付けるように要求してくる。
レッドの目的は、そして彼とリズの関係とは――。

感想
第一話の印象はメインキャラの設定が羊たちの沈黙で、演出がパーソンオブインタレスト風味という恐ろしいドラマだなぁ……という感じでした。
なんか……とにかくジェットコースター的な展開を重視しているので矛盾や齟齬も多く正気か!?と言いたくなるようなトンデモ展開なんかが多いです。

特に主人公のリズがくせ者で……気性が激しいという設定なんでしょうけど全てがブレブレで見ていて「は?」となることも多く……1話時点ではいいキャラだと思ったんだけどなぁ。
羊たちの沈黙で言うとクラリスのポジションですね。
レッドの方はレクター博士ポジですが、割と人情家な面があるので怖さみたいなのはあんまないです。
むしろ「おっ、結構いい奴じゃん」と好感度上がるようなシーンがチラホラ。
なんか普通に仲間には優しいんだよな……。

ここまで400文字くらいかけてイマイチな面ばっかり伝えてきましたが、一応シーズン1最後まで見たのでつまらないとかいうことはないです。
メイン側のFBIにちょっと頭の痛い人たちが多いだけで、毎話出てくる犯罪者はバリエーション豊かで個性もありかなり面白い。
今もぱっと何話の犯罪者がよかったみたいなの思い浮かんで来るくらいです(序盤に出てきたシチューメイカーと、後半に出てきた判事なんかが好き)

犯罪者目録的な面白みがあるのでタイトルの「ブラックリスト」ってのは綺麗にハマってんな~と。
ながら見でもちゃんと内容分かるようになってるので、気軽に見るドラマとしては結構いいんじゃないかなと思います。

あ、でもこの手のドラマにしては妙にCGがショボいのが気に掛かる……。
爆発シーンとか絶対浮いてるんですけどそれは何故なのか。
でもアクションなんかは泥臭い雰囲気のものもあったりして、見てて楽しいです。

現在Netflix配信中です(たぶんシーズン3まであった気がする)

Love(シーズン1)

ネタバレなし。



あらすじ
酒、煙草、ドラッグ。全てが止められず自分の人生は最悪だと思う女ミッキー。
内心に夢を抱えつつ撮影所で子役の家庭教師をするガス。
二人の織りなすロマンチックでファンタジーでリアルなラブコメディ。

感想
何故こんなに検索しづらいタイトルにしたんだと思ったけれど、最後まで見るとこのタイトルが胸にグッと来るようなドラマでした。
1話だいたい30分くらいで10話で終わりだったかな。
簡単に言うと正反対の男女が出会って恋に落ちてイザコザがあるという話しなのですが、キャラクターが非常に丁寧に作られていてリアリティがあるなと思いました。

凸凹コンビというのはどんな物語でもある一定の成果を出してくれるフォーマットですけど、この作品は「凸凹だから合致するわけじゃない」ということをすごく上手く表現してた気がするなぁ。
一口に凸凹にも様々な形や種類があるし実際△と△とか似たものが寄り添った方が上手く行く確率高いんじゃない?とは思うけど、だからって一緒に居ない理由にはならない……みたいなままならなさも描かれていたし。

お互いへの失望の仕方や二人の間で起こるトラブルやら、どれも生っぽすぎて時折エグみすら感じるのですが基本はラブコメなので中盤くらいまでは軽いあたり口で観られるかと。
後半は……割と心が痛い……。でもラストシーンの美しさは必見だと思います。

あとビジュアル面もすごくよかったな。
ミッキー美人だな~。いろいろな古着を難なく着こなして、古い車を乗り回してるあたりキャラクター性がよく出てるなと思いました。

S2の作成も決まっているらしいので楽しみです。
Netflixオリジナル作品なので現在はNetflixでのみ配信中です。

ホットロード

ネタバレなし。



あらすじ

母親からの愛情を得るため非行を繰り返す少女、和希。
そんな彼女が湘南の街で出会ったのは、ナイツという暴走族に所属する春山という男だった。
最初は反目し合う二人だったが、次第に心を通わせるようになる。
だが春山は敵対するチームとの抗争に巻き込まれることになり――。

感想
なんで2017年1発目に見た映画がホットロードなのか……と自分でも思うのですが観てしまったものはもう仕方がない……。
あんまり期待せず観たからなのかどうなのかは分かりませんが、結構好きでした。
海辺の街特有のちょっとした陰鬱さときらめきがとても綺麗でかなり見入ってしまいました。

原作を読んだことがないのでストーリーがどのくらい変わってるのかとか、流れとか分からないのですが、中盤までは短いエピソードが繋がれている感じでそれが映像の綺麗さをより引き出してたかな~とか思いました。

中盤くらいまではセリフも非常に少なくて、ほんと景色とかを見るのを楽しめましたね。
なんだろう……イメージビデオ的なよさがあると思います。
後半は和希と母親のエピソードや、春山が巻き込まれる抗争の話が出てくるので映画っぽくなってきますが。

なんか……なんだろう……すごく好き嫌い分かれる映画だと思うので絶対に人にはお勧めしないのですが、でもなんか異様に気に入った1本でした。
エンディグが尾崎豊の「OH MY LITTLE GIRL」なんですがそれもまた世界観にマッチしていてすごくよかったですね……。

あと時代設定、昭和なんでしょうけど絶妙にボカしていてそこも好きでした。
ファッションとかも当時のものに寄せすぎず、結構現代の要素をミックスしていて主人公の和希が着ていたステンカラーコート(だと思う)なんかもかなり素敵でした。
男性陣は基本ドカジャンだったかな。バイクに乗るから?

原作がもうずいぶんと昔のものですし、そういう意味でもストーリーはちょっと今に馴染まない上にやっぱり大人の目線で観てしまうので「いやいや、それはただのワガママですよ」なんて言いたくなるシーンも多いのですが、そこ差し引いてもなんか……よかったと思います。

できれば主人公たちと同世代の年齢で観てから、大人になってからもう一回見返して「あ~昔と全然違うこと考えながら観てるな~」と思いたくなるような映画でした。

いや、いいですよホットロード……。
何がいいって能年玲奈と登坂弘臣のビジュアルのなじみ方がね……いい。
二人とも割と濃いめのハッキリした顔なので。
これどっちかが顔薄かったりしてバランス悪かったら、映画全然楽しめなかったと思います。

せっかくなので原作読んで、ストーリーの比較なんかしてみたいなと思いました。
ビジュアル重視で映画見られる人は是非……と無責任に勧めるのはやはり気が咎めるのでオススメはしませんが、まあ予告編とか観てみてください。

いやでもね……いいですよこの映画……。
評価するなら星4くらいあります(あくまで個人の見解です)
現在Huluで配信中です。

ドラマ・ワールド/Drama world

ネタバレなしです。


あらすじ
アメリカに住む大学生のクレアは父親の経営するサンドイッチ屋で働く普通の女の子。
韓流ドラマに大ハマりしていて、毎日画面の中の王子様が迎えに来てくれないかと夢を見ながら暮らしている。
そんなある日、店に強盗が押し入ったことからクレアは何故か「韓国ドラマ」の世界へと飛ばされてしまい――。

感想
韓国ドラマあるあるを詰め込んでるけど、主人公は白人の女の子というのがなんとも珍しくて面白かったです。
全10話くらいだったかな? 1話だいたい10~15分くらいで終わるのでさくっと見られます。
内容はラブコメ、時々ちょっとサスペンスという感じ。
韓流ドラマを全く見たことがないという人はパロディしてる部分が分からないのでイマイチピンと来ないかなと思うのですが、1本くらい通して見たことがあるならたぶん笑えるんじゃないかな。
なんか気楽にドラマ見たいな~って時にでも是非。
韓国語、英語混合のドラマなので難しいでしょうが、吹き替えとかでも見てみたいですね。
現在Netflixで配信中です。

ボージャック・ホースマンとかいう虚飾にまみれた90年代のスターについて


文章が下手なのでドラマの感想を書いて練習をしよう……と思ってブログを開設したのですが、ちゃんと書こうとすると時間も掛かるし面倒くさいので、これからはあんまり考えずに書いていくことにしました。

というわけで、去年見た中で1番刺さった作品であるボージャック・ホースマンの感想を改めて書こうかと。
ネタバレありです。

ボージャックって女にはだらしないし、仕事はロクにしないし、屁理屈こねて辛いことからは逃げるしどうしようもないんですけどすっごいモテそうですよね。実際作中でもモテてますし。
昔有名だったからってのもあるかもしれないんですけど、あの手の男性って実際無職でも20代、下手したら10代の女の子バカスカ抱けると思うんですよ。
なんでかっていうとボージャックって表面上はドラッグはやるし酒浸りだしで破天荒だけど、実際は驚くほどに繊細な一面を持ってるじゃないですか。
「私しか知らないこの人の一面」にグッと来てしまう人間はたぶん男女問わずかなり多いんじゃないかな~。

登場人物の1人にプリンセス・キャロラインっていう、ボージャックのエージェント兼恋人?セフレ?みたいな微妙な関係の女性が居るんですけど、キャロラインが稼げない上に問題を起こすクライアントである彼から離れられないのもこのあたりの影響が強いのかなと思います。
彼女の場合は恋愛感情も絡んでるので余計に。


だから個人的にボージャックに対して当初全く好意を抱かなかったあの女性監督(すみません名前失念しました)が出てきた時はすごいな~と思いました。
「なんでみんながあなたを好きじゃないといけないの?」的なことボージャックに言っていたので、彼の「自分を受け入れない人にやたら近付きたがる」という習性を見抜いていたからこそ遠ざけていたのかなと思うのですが(単に彼女もボージャック並みに気難しいという可能性がなきにしもあらず)

ストーリー全体を見ていてボージャックって幸せになるのが怖いんだろうなというのは分かるのですが(自分に好意を抱く相手を遠ざけたり、深い関係になりそうになると逃げてしまう)どうしてそこまで恐れているのかがイマイチわからないな……って書いてて思ったのですが、ハーブのことが原因なんですかね。

ハーブってのはボージャックの親友で、彼がテレビ局に売り込んだ「馬鹿騒ぎ」ってシットコムの企画で主演を務めたおかげでスターになれたんですよね。
ただその後ハーブは不祥事を起こしてしまって、局と揉めることを恐れたボージャックが彼の後ろ盾になることを拒否してハーブがクビになって以来仲がこじれてずっと会ってなかったわけですけど……。

自業自得とは言え盟友とも言える存在との決別が応えたって可能性はありそう。
「傷つくくらいならもう恋なんてしない……」みたいな理由ですけど、こういうのって案外バカにできないというかそんなに珍しくない感情ですよね。
ボージャックの場合はそれがすごく極端ってだけで。

あとは幼少期ネグレクトを受けてたというのもあるのかな。
非常に攻撃的な物言いで自分をスポイルする父母の元で育ったため、自己肯定能力が極端に低い。
だからお金だとか名誉だとか、そういうもので自分を武装するしかない。
ボージャックが虚飾にまみれてしまうのは逃避行為なんでしょうね。

そういう彼の目にミスター・ピーナッツバターが眩しいものとして映るのは当然のことで、一転して嫌悪の対象になるのも納得。
ミスター・ピーナッツバターってのはボージャックと同じく90年代のスターなんですけど、とにかく前向きでポジティブで明るくていい奴なんですよね。まあ彼にも色々あるのですがそれは置いておいて。
てらいがないし、誰にでも好かれるような存在っていうのが見た目からも分かる(ゴールデンレトリバーをモデルにしているようです)ような相手が近くに居るのって、結構な脅威だと思います。
特にボージャックみたいに卑屈だけれど、それに反して多少の自信もあって、場の注目を集めたいようなタイプにとっては。

ボージャックって結局「自分を愛してくれるけど拒否してくれて、愛をくれる母親みたいな存在だけどセックスもさせてくれる」人間で満たされる世界を目指していて、ただいざそれが実現したら絶対に逃げ出すし、そもそも不可能なことも理解しているけれど根本的な問題に向き合って自分という人間を見つめるのが怖くて逃げ出してるわけですけど……この人本当にこれからどうするんだろう……50歳だぞアンタ……。

言ってしまえば「ボージャック・ホースマン」はボージャックの自分探しの軌跡なのかもしれない。
まあ他のキャラクターもまた自分の道を模索し続けているわけですが。

そういう面も鑑みて、このシリーズあと1、2シーズンくらいで終わっちゃうんじゃないかなと思いました。
シーズン4は今年の夏ということですが、再びLAを脱出したボージャックがどうなるのか気になります。

まだまだ書きたいことがあるのですが、今回の記事はこれくらいで。