黒い十人の感想

ドラマとか映画とか

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班

ネタバレなし。

あらすじ
国家を揺るがす極めて高度な政治的案件を専門に取り扱う公安機動捜査隊特捜班。
警察庁警備局長、直轄の秘密部隊として彼らは人知れず政治的事件やテロの捜査に当たっていた。

感想
最終回の金子ノブアキがめちゃくちゃシブかった。
全体をまとめるとマジでこの感想になっていしまう……。

クライシス、アクションがすごいよかったですね。狭いところでの近接戦闘とか。
1話の新幹線のシーンとか爆発してないのにインパクト大きくてつかみバッチリだったし。
日本のドラマはあんまり銃抜いたり撃ったりできないところが逆にいいと思います。
それと警棒な。日本のドラマだとちょいちょい見られる。海外ドラマでもあるっちゃあるのですが少ないと思う。
クライシスは警棒で戦うシーンも多くてそこがかなり好きでした。

トーリー、本筋については警察モノに関してあまり知見がないので言及しにくいのですが「映像では描かれない物語」がたくさん乗せられてたのがよかったと思います。
多分設定はあるんだろうけれどあえて表には出さない部分とか、そういうのが普通のドラマより多いように感じられたかな。
分かりやすい話も好きですが、あえて語らないみたいな硬派さもいいと思います。
特にこのドラマには合ってたんじゃないかな。

あんま関係ないんですけどこの人の脚本、時々キャラクターのセリフが古いって言うか一般小説的になるなあと思いました。
例えば最終話結城(金子ノブアキ)が言った「いとしい人」って言葉のチョイスとか。
まあこのあたりは作家の色って感じなのであんまり気にするほどでもないか……。
SPの時もそうだった気がするし。

このキャスティングなので当然映画に続くんでしょうね。
最終話のラストも伏線ばらまいてたし。

最近は国内ドラマばかり見ているのですが今期は「櫻子さんの下には死体が埋まっている」が一番好きです。
あと別枠で「あなたのことはそれほど」。昼ドラ実況層を魅了しているのがよく分かる。

国内ドラマも最終話まで見たものについては軽く感想書いていきたいです。
それにしても前回のホットロードの記事、何かに取り憑かれているとしか思えない……。

はじまりの物語/ホットロード

ネタバレあり。

最近よく眠れない。仕事が微妙に落ち着かないせいだろう。
今日も結局寝れないまま朝になってしまった。
正直昨晩からそんな予感が薄々していたので、早い段階で仕事に行くのは午後からにしようと心に決めていた。
とはいえそろそろ寝ないとまずい時間なのだけれど、どうも眠れる気がしないのでホットロードの話でも書こうと思う。
これだけ昔の作品にネタバレありというのもナンセンスな気がするけれど、一応。


今年の初めに映画版のホットロードを見た。
人によって好き嫌いが分かれそうな作品だったけれど結構、というかかなり気に入って数日はホットロードのことを考えていた気がする。
というか会う人間会う人間に映画版ホットロードの話をした。
1人だけ原作を読んだことがある人がいて「いいよね」と言われた。
その人は非常に趣味の合う方なのでいずれ自分も読まないとな、と思いながらなんとなく先延ばしにしていたのだけれど、先日やっと手を着けた。
その日の夜も眠れなかったので早朝までにかけて読み切ったのだけれど、原作が面白いのはもちろん映画の秀逸さがよく分かって非常に興味深かった。

上に貼った映画についての感想記事ではあんまり内容には触れなかった気がする。
やっぱり映画版は圧倒的にビジュアルがよかったからかな。
原作者がのん(能年玲奈)に和希を任せたいと言ったというのがよく分かる。
はすっぱなのに純真というアンバランスさが似合う夢のような女の子だと思う。あと原作の和希は垢抜けて行くにつれてちょっと妖精っぽくなって行くのだけれど、のんはそれを十二分に再現していた。
春山も非常に合っていたんじゃないかな。映画版はちょっとゴツいが、まあそれは実写なんだから仕方ない。

原作を読んだ時始まり方が映画と全く同じで驚いた。
当たり前と言えば当たり前なんだけれど……テールランプのくだりがあって画面が切り替わり、和希の顔がアップで映ってそこから徐々にズームアウト。
同時に万引きをした和希を批難する大人の声が聞こえる。
でも彼女の耳にはそれは入らない。和希が求めているのはあくまで「ママ」の存在だからだ。

そのあとも帰宅して「ママ」と話して……と画角なんかもかなり細かく再現されている気がした。
その時見える「ママ」が恋人から貰ったプレゼントが白のコンバースというのがよく分からないがすごく好きだ。
あと女性キャラの衣装なんかはかなり細かく再現されていた気がする。
男性キャラは結構自由にいじられていた感じ。トオルなんて髪型が全然違う。でもたたずまいはなんとなく似ている気がした。

映画を見た時、序盤のあたりは結構エピソード単位の区切りがハッキリしていて見やすかったが少し違和感を覚えた。
けれど原作を読んで連載されていた漫画を脚本に起こしたのだからそうなるのも当たり前だと言うことに気付く。
序盤あたりはかなり丁寧に原作の展開を拾っている。
正直ホットロードはかなり読み辛い漫画だったのだけれど(コマ割が普通の漫画と全く違う。セリフもしゃべり言葉の持つ雰囲気を非常に重視しているので文字にすると読み辛い)映画を見ていたおかげでどうにか飲み込めた。

かなり正確に再現されているとはいえ、さすがに細かいエピソードははしょられたり、映画では一部のキャラクターが合体させられて1役で色々な役目を背負っていた……と思う。
細かいところはちょっとうろ覚え。すみません。

とはいえ大事な部分はしっかり拾われてかなり丁寧に映像化されていたと思う。
そして何より映画を見た際に感じた海辺の街の陰鬱とした雰囲気は意図的に演出されていた物なんだろうなと改めて思った。

タイトルにも書いたがホットロードは「はじまりの物語」だ。
生き方を知らない少年少女が痛みと衝動に身を任せながら、何を求めればいいかすら分からずもがき苦しむ。
本作において「生き方」というのは「愛」と同義だ。

和希も春山も愛を知らない故に家族から離れ、心から何かが欠落してしまう。
これは家族がいないから欠落が起こるというのではなく、あくまで春山と和希の場合という話だ。
たぶんホットロードの登場キャラクターの中には家族から離れることで心の欠落した部分を取り戻せる人物もいると思う。
宏子やトオルなんかはきっとそうだったんじゃないだろうか。
家族とのエピソードがほとんどないので完全なる推測だけれど。

和希と春山は「何も分からない」からと言い訳をして非行へと走る。
それはただひたすらに愛が欲しいからという渇望故なわけだが、本人たちに見えていないだけで二人の身近には常に愛は存在し続けた。
ただ和希ら子供たちも、彼らの両親である大人たちもどうしようもなく不器用で中々通じ合うことが出来なかったのが大きな問題だ。
それにしたって和希の母親はちょっとアレだとは思うけれど……。

けれど最後の最後、和希も春山も肉親からの愛を確認して、そして互いの間にも愛があることに気付いた。
だからこれまで自分の命を省みず生きていた春山が終盤は病院のベッドの上で「死にたくない」と口にする。
それは和希と出会い家族と和解し愛(=生き方)を知ったから。

まあ……こういうのすげー普通に感動する。
和希も春山の命が自分の大切な物であるのと同じように、春山にとっても自分の命は大切な物なんだと気付いて生きる気力を取り戻す。
青春群像劇+ラブストーリーというのは本当にいいですね。

あと和希の3年からの担任の先生がよかった。
後半は物語全体を導く裏の語り手みたいになっている。

そして最後、ようやく生き方を知った少年少女が二人で歩むことを決意して前に進み出る。
だから映画のラストも最後はこれまでの陰鬱とした色合いとは一転して、オレンジ色の眩しい光りに包まれた海岸に和希と春山が立つという図になる。
二人はようやく生き方を知り、未来へと向かうためのスタートラインに立てたわけだ……と思う。
きちんと分析するにしては色々と記憶が曖昧なので若干誤魔化させて欲しい。

映画版だけでも充分面白いとは思うのだが、原作と会わせると物語が更に味わい深くなる。
さすがに原作の方が尺が長いだけあって春山の掘り下げが丁寧だった。
映画だと「お天気屋」なことが分かるまで結構時間がかかる気がする。

序盤、和希と春山が初めて会う瞬間春山がキレるのとか見てて結構ビックリするしなあ。
豹変しすぎて「こいつヤバいやつでは?」となる。まあ実際ヤバいんですけど。

こんな感じでホットロードは非常にいい。最高。当然だが名作と呼ばれるだけある。
かなりの人が知っている作品だと思うので今更勧めるようなものではないのは分かってはいるが、それでも勧めたい。
原作→映画でもいいと思うし、映画→原作でももちろんいい。
できればこの二つを合わせて是非ホットロードの世界を味わって欲しい。

あまり考えずに書き始めたのでいつも以上にまとまりのない話になってしまった。
まあメモ代わりみたいなブログなのでそれでいいか。
そろそろ寝よう。大人が未来へと向かうスタートラインに立つのに一番重要なのは睡眠だから……。

ホームランド(シーズン1)

ネタバレなし。



あらすじ

CIAにつとめるキャリーはイラクで「アメリカ人捕虜がアルカイダに寝返った」という情報を入手する。
しかし作戦上の命令無視を理由に保護観察下に置かれた彼女は本国へと送還されてしまう。
それからしばらく、8年間行方不明だったアメリカ海兵隊軍曹であるブロディがテロ組織のアジトから救出されたという報告が入る。
長い苦難を耐え忍んだ彼はアメリカの英雄として本国に迎え入れられるこことなるが、キャリーはブロディこそが敵対組織からのスパイだと確信していて――。

感想
名前はよく聞くけど見たことないドラマだなと思って視聴を始めたのですが、想像以上に面白かったです!

一応主人公はCIAの作戦指揮官であるキャリーなんですけど、実質海兵隊軍曹のブロディとのダブル主人公になっている感じ。
環境や信念や性別の差異なんかで全然違うように見えるけれど、根底が結構似ている二人が駆け引きをするのは、同等の力を持つ物同士がリングで思いっきりやりあっている感じが出ていてめっちゃおもしれ~となります。

この手のドラマの女性主人公ってめちゃくちゃ有能だけどやや人格破綻気味なのが結構お約束ですが、キャリーはその中でもかなり強烈な部類に入りそう。
個人的に一番ヤバくて好きな洋ドラの女キャラはクローザーのチーフなんですけど。

チーフと同じくキャリーも作中できちんと実力を示しているので、無理を通すために倫理的にアウトなことしててもあんまり不快感がない。
たまにいるじゃないですか。「こいつ口だけでなんにもできてねえ割に文句だけは一人前だな……」みたいなのが。
そういうのがないのでキャラクターとして素直に応援しやすい。

あと彼女の賢さと愚かさが表裏一体みたいな脆さもよかったです。
特に中盤あたりでのブロディとのあれこれで起きる問題の時とかね……あとはしゃいでドレス着るのと失望でワインをゴミ箱にシュートする箇所とか……。

実質もう一人の主人公であるブロディの方もキャリーと同じくいいですね~。
ちょっとサイコパスなところがあって、時折見せる感情の揺らぎが本音なのか計算なのか分からない感じ。
これは役者さんがめちゃくちゃ上手かったですね。
ブロディはセリフなしで表情や動作のみのシーンなんかも多かったのですが「何を考えてるか分からない奴」の演技をあそこまで見事にこなすのはマジ単純にすげ~と思いました。

トーリー自体は結構謎が謎を呼ぶ展開でテンポもいいんですけど、いかんせん話自体が重めなのでわんこそばとは行かなかったかな。
シーズン1は全部見るのに一週間くらいかかりました。
そして今シーズン2の半分で止まっている……。
でもかなり面白いので時間がある時に見るドラマとしてはいいんじゃないかな。

民放でも春ドラマが始まったのでそっちもまた感想アップして行きたいです。
とはいえまだクライシスの1話しか見られてないのですが。

ホームランドは現在Hulu、Netflixどちらでも配信中のようです。
たしかどっちもシーズン3までだったかな……。
先日Huluを退会したので、次回から配信状況についてはNetflixのみの記載になります。

東京タラレバ娘

ネタバレあり。


あらすじ
己の不幸と将来の不安を肴に酒を飲む30代女子。そう、我々はまだ女子なのだ。
その自負を胸に2020年の東京オリンピック向け不可逆に進んでいく時を恐れ、今日もタラとレバをつまみに女たちは嘆く。
――我々は何故、幸せになれないのかと。

感想
頭がイカれるほど仕事が忙しくて最近は今期地上波放送ドラマを消化するのにいっぱいいっぱいだったりします。
昨日最終回を迎えたタラレバ娘でしたが、実写化ドラマ作品の最大公約数的な出来だったんじゃないでしょうか。
原作を最新刊まで読んでからドラマを見たのですが、とがりすぎている部分が綺麗に削られていた気がします。

元々東村アキコの漫画は好きでいくつか持っているのですが、最近の少女漫画家(というくくりでいいのかは微妙だけど)としてはトップレベルの倫理観のなさだと思うので実写でやったら相当エグくないかと危惧していたのですが、そのあたりきっちりコントロールされてて見ていてストレスが少なかったかなーと。
(なお倫理観がないというのは褒め言葉です。様々な描写や台詞にためらいがないから面白い)

ただ主人公たちの年齢が33歳から30歳に引き下げられのは役者の見た目的問題とは言えもったいない点だったと思います。
30歳と33歳と並べるとあまり差がないように思えますが、「東京オリンピックまでにはどうにか現状を脱出したい」というのが起点となるので……。
2020年に30歳は33歳だけど、2020年に33歳は36歳。
こうなると切迫感がイマイチ感じられない……。

あとkey役の坂口健太郎ですが、あの坂口健太郎でもあの髪型になると面白くなるんだなあ……となりました。面白コスプレお兄ちゃんやん。
雰囲気としては菅田将暉なんかが妥当なんじゃないかと思いましたが、そうなると原作の見た目からは大きく外れるしなー。
似せればキャラっぽくなるわけではないというのが実写化ドラマの難しいところころですね。
でも最初ビジュアルが出たときの主役三人も「いやこことここ逆では!?」という感じでしたが、始まってみると馴染んでたからあのあたりのキャスティングはいいさじ加減だったんだなと感じました。

原作がまだ終わってないのでドラマ自体は「私たちの戦いはまだまだ続く――!」みたいなラストでしたが、このあたりはkeyの奥さんのエピソードやドキュメンタリー映画のくだりをばっさりカットしたから当たり前と言えば当たり前なのかな。
keyは存在が漫画過ぎるので(まあ漫画なんだけど)、彼のエピソードが抑え気味だったのはよかったと思います。
そこ差をつけたおかげで原作とドラマの口当たりに変化が起きていると思うので、ドラマ→原作的な入り口になる作品になってたのではないかな。

あとドラマはkeyから倫子への好意が分かりやすく描かれていたので、あのあたりの感情の動きも上手く飲み込めましたね。
原作読んでいる時は「倫子に好意があると見せかけて何か仕掛けてくる」と思い込んでいたので……。

最初に書いたように全体的にそつなくまとまった実写化ドラマだったと思います。
エンディング曲であるPerfumeの「TOKYPO GIRL」も好きでした。
ドラマの引きの部分にバスドラが被さるの、心臓の鼓動っぽくていいですよね。
だからタラレバ娘のラストは毎話毎話印象に残ったかな。

日テレのドラマなので現在Huluで配信中のようです。

ブラックリスト(シーズン1)

ネタバレなし。



あらすじ
念願叶ってFBIに配属された新人捜査官リズ。
しかし彼女の初出勤日に国際的犯罪者であるレッドがFBIへと出頭して来る。
彼は自ら世界中の重要犯罪者のリスト、通称「ブラックリスト」を提供するという。
その引き替えに免責と、何故かリズを担当に付けるように要求してくる。
レッドの目的は、そして彼とリズの関係とは――。

感想
第一話の印象はメインキャラの設定が羊たちの沈黙で、演出がパーソンオブインタレスト風味という恐ろしいドラマだなぁ……という感じでした。
なんか……とにかくジェットコースター的な展開を重視しているので矛盾や齟齬も多く正気か!?と言いたくなるようなトンデモ展開なんかが多いです。

特に主人公のリズがくせ者で……気性が激しいという設定なんでしょうけど全てがブレブレで見ていて「は?」となることも多く……1話時点ではいいキャラだと思ったんだけどなぁ。
羊たちの沈黙で言うとクラリスのポジションですね。
レッドの方はレクター博士ポジですが、割と人情家な面があるので怖さみたいなのはあんまないです。
むしろ「おっ、結構いい奴じゃん」と好感度上がるようなシーンがチラホラ。
なんか普通に仲間には優しいんだよな……。

ここまで400文字くらいかけてイマイチな面ばっかり伝えてきましたが、一応シーズン1最後まで見たのでつまらないとかいうことはないです。
メイン側のFBIにちょっと頭の痛い人たちが多いだけで、毎話出てくる犯罪者はバリエーション豊かで個性もありかなり面白い。
今もぱっと何話の犯罪者がよかったみたいなの思い浮かんで来るくらいです(序盤に出てきたシチューメイカーと、後半に出てきた判事なんかが好き)

犯罪者目録的な面白みがあるのでタイトルの「ブラックリスト」ってのは綺麗にハマってんな~と。
ながら見でもちゃんと内容分かるようになってるので、気軽に見るドラマとしては結構いいんじゃないかなと思います。

あ、でもこの手のドラマにしては妙にCGがショボいのが気に掛かる……。
爆発シーンとか絶対浮いてるんですけどそれは何故なのか。
でもアクションなんかは泥臭い雰囲気のものもあったりして、見てて楽しいです。

現在Netflix配信中です(たぶんシーズン3まであった気がする)

Love(シーズン1)

ネタバレなし。



あらすじ
酒、煙草、ドラッグ。全てが止められず自分の人生は最悪だと思う女ミッキー。
内心に夢を抱えつつ撮影所で子役の家庭教師をするガス。
二人の織りなすロマンチックでファンタジーでリアルなラブコメディ。

感想
何故こんなに検索しづらいタイトルにしたんだと思ったけれど、最後まで見るとこのタイトルが胸にグッと来るようなドラマでした。
1話だいたい30分くらいで10話で終わりだったかな。
簡単に言うと正反対の男女が出会って恋に落ちてイザコザがあるという話しなのですが、キャラクターが非常に丁寧に作られていてリアリティがあるなと思いました。

凸凹コンビというのはどんな物語でもある一定の成果を出してくれるフォーマットですけど、この作品は「凸凹だから合致するわけじゃない」ということをすごく上手く表現してた気がするなぁ。
一口に凸凹にも様々な形や種類があるし実際△と△とか似たものが寄り添った方が上手く行く確率高いんじゃない?とは思うけど、だからって一緒に居ない理由にはならない……みたいなままならなさも描かれていたし。

お互いへの失望の仕方や二人の間で起こるトラブルやら、どれも生っぽすぎて時折エグみすら感じるのですが基本はラブコメなので中盤くらいまでは軽いあたり口で観られるかと。
後半は……割と心が痛い……。でもラストシーンの美しさは必見だと思います。

あとビジュアル面もすごくよかったな。
ミッキー美人だな~。いろいろな古着を難なく着こなして、古い車を乗り回してるあたりキャラクター性がよく出てるなと思いました。

S2の作成も決まっているらしいので楽しみです。
Netflixオリジナル作品なので現在はNetflixでのみ配信中です。

ホットロード

ネタバレなし。



あらすじ

母親からの愛情を得るため非行を繰り返す少女、和希。
そんな彼女が湘南の街で出会ったのは、ナイツという暴走族に所属する春山という男だった。
最初は反目し合う二人だったが、次第に心を通わせるようになる。
だが春山は敵対するチームとの抗争に巻き込まれることになり――。

感想
なんで2017年1発目に見た映画がホットロードなのか……と自分でも思うのですが観てしまったものはもう仕方がない……。
あんまり期待せず観たからなのかどうなのかは分かりませんが、結構好きでした。
海辺の街特有のちょっとした陰鬱さときらめきがとても綺麗でかなり見入ってしまいました。

原作を読んだことがないのでストーリーがどのくらい変わってるのかとか、流れとか分からないのですが、中盤までは短いエピソードが繋がれている感じでそれが映像の綺麗さをより引き出してたかな~とか思いました。

中盤くらいまではセリフも非常に少なくて、ほんと景色とかを見るのを楽しめましたね。
なんだろう……イメージビデオ的なよさがあると思います。
後半は和希と母親のエピソードや、春山が巻き込まれる抗争の話が出てくるので映画っぽくなってきますが。

なんか……なんだろう……すごく好き嫌い分かれる映画だと思うので絶対に人にはお勧めしないのですが、でもなんか異様に気に入った1本でした。
エンディグが尾崎豊の「OH MY LITTLE GIRL」なんですがそれもまた世界観にマッチしていてすごくよかったですね……。

あと時代設定、昭和なんでしょうけど絶妙にボカしていてそこも好きでした。
ファッションとかも当時のものに寄せすぎず、結構現代の要素をミックスしていて主人公の和希が着ていたステンカラーコート(だと思う)なんかもかなり素敵でした。
男性陣は基本ドカジャンだったかな。バイクに乗るから?

原作がもうずいぶんと昔のものですし、そういう意味でもストーリーはちょっと今に馴染まない上にやっぱり大人の目線で観てしまうので「いやいや、それはただのワガママですよ」なんて言いたくなるシーンも多いのですが、そこ差し引いてもなんか……よかったと思います。

できれば主人公たちと同世代の年齢で観てから、大人になってからもう一回見返して「あ~昔と全然違うこと考えながら観てるな~」と思いたくなるような映画でした。

いや、いいですよホットロード……。
何がいいって能年玲奈と登坂弘臣のビジュアルのなじみ方がね……いい。
二人とも割と濃いめのハッキリした顔なので。
これどっちかが顔薄かったりしてバランス悪かったら、映画全然楽しめなかったと思います。

せっかくなので原作読んで、ストーリーの比較なんかしてみたいなと思いました。
ビジュアル重視で映画見られる人は是非……と無責任に勧めるのはやはり気が咎めるのでオススメはしませんが、まあ予告編とか観てみてください。

いやでもね……いいですよこの映画……。
評価するなら星4くらいあります(あくまで個人の見解です)
現在Huluで配信中です。