読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒い十人の感想

ドラマとか映画とか

ボージャック・ホースマンとかいう虚飾にまみれた90年代のスターについて


文章が下手なのでドラマの感想を書いて練習をしよう……と思ってブログを開設したのですが、ちゃんと書こうとすると時間も掛かるし面倒くさいので、これからはあんまり考えずに書いていくことにしました。

というわけで、去年見た中で1番刺さった作品であるボージャック・ホースマンの感想を改めて書こうかと。
ネタバレありです。

ボージャックって女にはだらしないし、仕事はロクにしないし、屁理屈こねて辛いことからは逃げるしどうしようもないんですけどすっごいモテそうですよね。実際作中でもモテてますし。
昔有名だったからってのもあるかもしれないんですけど、あの手の男性って実際無職でも20代、下手したら10代の女の子バカスカ抱けると思うんですよ。
なんでかっていうとボージャックって表面上はドラッグはやるし酒浸りだしで破天荒だけど、実際は驚くほどに繊細な一面を持ってるじゃないですか。
「私しか知らないこの人の一面」にグッと来てしまう人間はたぶん男女問わずかなり多いんじゃないかな~。

登場人物の1人にプリンセス・キャロラインっていう、ボージャックのエージェント兼恋人?セフレ?みたいな微妙な関係の女性が居るんですけど、キャロラインが稼げない上に問題を起こすクライアントである彼から離れられないのもこのあたりの影響が強いのかなと思います。
彼女の場合は恋愛感情も絡んでるので余計に。


だから個人的にボージャックに対して当初全く好意を抱かなかったあの女性監督(すみません名前失念しました)が出てきた時はすごいな~と思いました。
「なんでみんながあなたを好きじゃないといけないの?」的なことボージャックに言っていたので、彼の「自分を受け入れない人にやたら近付きたがる」という習性を見抜いていたからこそ遠ざけていたのかなと思うのですが(単に彼女もボージャック並みに気難しいという可能性がなきにしもあらず)

ストーリー全体を見ていてボージャックって幸せになるのが怖いんだろうなというのは分かるのですが(自分に好意を抱く相手を遠ざけたり、深い関係になりそうになると逃げてしまう)どうしてそこまで恐れているのかがイマイチわからないな……って書いてて思ったのですが、ハーブのことが原因なんですかね。

ハーブってのはボージャックの親友で、彼がテレビ局に売り込んだ「馬鹿騒ぎ」ってシットコムの企画で主演を務めたおかげでスターになれたんですよね。
ただその後ハーブは不祥事を起こしてしまって、局と揉めることを恐れたボージャックが彼の後ろ盾になることを拒否してハーブがクビになって以来仲がこじれてずっと会ってなかったわけですけど……。

自業自得とは言え盟友とも言える存在との決別が応えたって可能性はありそう。
「傷つくくらいならもう恋なんてしない……」みたいな理由ですけど、こういうのって案外バカにできないというかそんなに珍しくない感情ですよね。
ボージャックの場合はそれがすごく極端ってだけで。

あとは幼少期ネグレクトを受けてたというのもあるのかな。
非常に攻撃的な物言いで自分をスポイルする父母の元で育ったため、自己肯定能力が極端に低い。
だからお金だとか名誉だとか、そういうもので自分を武装するしかない。
ボージャックが虚飾にまみれてしまうのは逃避行為なんでしょうね。

そういう彼の目にミスター・ピーナッツバターが眩しいものとして映るのは当然のことで、一転して嫌悪の対象になるのも納得。
ミスター・ピーナッツバターってのはボージャックと同じく90年代のスターなんですけど、とにかく前向きでポジティブで明るくていい奴なんですよね。まあ彼にも色々あるのですがそれは置いておいて。
てらいがないし、誰にでも好かれるような存在っていうのが見た目からも分かる(ゴールデンレトリバーをモデルにしているようです)ような相手が近くに居るのって、結構な脅威だと思います。
特にボージャックみたいに卑屈だけれど、それに反して多少の自信もあって、場の注目を集めたいようなタイプにとっては。

ボージャックって結局「自分を愛してくれるけど拒否してくれて、愛をくれる母親みたいな存在だけどセックスもさせてくれる」人間で満たされる世界を目指していて、ただいざそれが実現したら絶対に逃げ出すし、そもそも不可能なことも理解しているけれど根本的な問題に向き合って自分という人間を見つめるのが怖くて逃げ出してるわけですけど……この人本当にこれからどうするんだろう……50歳だぞアンタ……。

言ってしまえば「ボージャック・ホースマン」はボージャックの自分探しの軌跡なのかもしれない。
まあ他のキャラクターもまた自分の道を模索し続けているわけですが。

そういう面も鑑みて、このシリーズあと1、2シーズンくらいで終わっちゃうんじゃないかなと思いました。
シーズン4は今年の夏ということですが、再びLAを脱出したボージャックがどうなるのか気になります。

まだまだ書きたいことがあるのですが、今回の記事はこれくらいで。